ハウスメーカーや工務店とは異なる家づくり!設計事務所で建てる注文住宅の基礎知識!

こちらのサイトは、オーダーメイドで家づくりを行うときの選択肢になるのがハウスメーカーや工務店です。
しかし、これらとは異なる家づくりを実現してくれる設計事務所を利用したときの、注文住宅の基礎知識を解説しています。
設計を中心にしている事務所でもあり理想の家に合わせて選びたい、専門家に相談するメリットなどにも触れているので現在家づくりを検討していて依頼先が決まっていない人など参考にされることをおすすめします。

ハウスメーカーや工務店とは異なる家づくり!設計事務所で建てる注文住宅の基礎知識!

設計事務所は、主に家の設計を行うことが仕事になっているので、住宅の建築においては工務店などに発注するスタイルになります。
中には、工務店と提携を行っている設計事務所もあり家の設計と建築の連携を図っている所も少なくありません。
ハウスメーカーの場合は、標準的なプランがいくつか用意されていてその中から希望の間取りやデザインを持つプランを選ぶ形になりますが、設計事務所の場合は白紙の状態から家の設計を行うので理想の家づくりが実現する、他のはない注文住宅を作ることができる魅力もあります。

注文住宅の建築ができる設計事務所とは?

施主の要望をデザインに落とし込んで作られる注文住宅は、設計事務所に頼むとより自由度の高い家を作ることができます。
設計事務所とは住宅メーカーとは異なり、住宅のデザインや設計をメインに引き受ける事務所です。
あくまでメインは設計となっており、施工に関しては工務店を探すことになるでしょう。
デザインや設計を中心に行うだけあり、設計事務所とはより希望に合った注文住宅を作りたい時に最適です。
施主の希望を聞き、詳しい相談をしながら設計図を作成してくれるため、ユニークなデザインの家も作成可能となっています。
実現が難しいデザインであっても設計事務所と相談してアレンジしながら付け加える、予算や使用素材を考慮しつつ図面を作ることができるメリットも多くあります。
あらかじめ決められている住宅パータンから選ぶハウスメーカーや工務店とは異なり、あくまでも施主側の立場に立った図面を作ってくれるのが設計事務所の特徴でしょう。

建てられる住宅に違いがある設計事務所の種類

施主と相談しながら住宅のデザインを行ない、設計図を書き起こしてくれる設計事務所ですが、実はいくつかの種類が存在しており、それぞれに違いがあります。
主な種類としては官公庁などの仕事を受けて構造計算などを行う構造設計事務所、給排水設備や衛生設備などを担当する設備設計事務所、さらには建設会社などが利用する代願設計事務所などが代表でしょう。
さらに意匠設計と呼ばれる事務所などもあるため、住宅を建てる際にはあらかじめ違いを理解しておくことをおすすめします。
一般の住宅に関する仕事を主に引き受けている事務所には一級建築士が在籍している例も多くあり、様々な建物の建築が行えます。
大型の建築を頼みたい時には利用しやすく、細々とした箇所まで詳細な相談が可能です。
凝ったデザインで住宅を作りたい時には、事務所の中でもアトリエ系を選ぶと良いでしょう。
おしゃれかつ最先端のデザインなどを得意としており、施主の要望をまとめて設計図を作ることができます。

同じ住宅の建築でも設計事務所と工務店による違い

住宅の専門家である、工務店に建築をする場合には当然ながらそこに様々な知識が必要になります。
依頼する側も専門家でないため、基本的な知識を身に付けておいた方が良いです。
本格的に深堀をするとキリがありませんが、本当に表面的なことだけでも知っておくと良いかもしれません。
そのうちの1つが、工務店と設計事務所の違いになります。
簡単に言えば、設計事務所とは設計をするだけになるわけです。
つまり、住宅の建築に携わることありません。
事務所の人が、のこぎりなどを持って木材を切るような事はないといえます。
一方前者の場合は、様々なジャンルがありますが直接工事をするケースもありますがそれ以外にも下請けの業者に任せることも少なくありません。
下請けの業者に任せるようなところは中間マージンが発生することになるでしょう。
いずれにしても、総合的な窓口になるのが特徴と言えるかもしれません。
そのため、この2つの違いをよく理解した上で家づくりを依頼するべきです。

設計事務所に注文住宅を依頼したときの費用

住宅を建てたいと考えたときには、設計事務所にお願いして理想の住まいをお願いすることもあります。
依頼をした場合にはいくら費用がかかるのか、その点を知っておくだけで用意する金額の違いがわかります。
まず諸経費として不動産仲介手数料というのがあり、これが約3%くらいかかり、登記などにも1〜3%は決まって必要です。
また設計事務所によって金額の違いがあるものの、おおよそ新築だと1㎡あたり10〜30万円の計算となります。
これは大きさによって変わってきますので、住宅づくりの基本ベースとして考えておくことです。
設計料になってくると最低でも100万円から必要になり、有名設計士になると1000万円クラスで費用がいります。
住宅を頼むときには自分の予算と想定している大きさや間取り、そういった総合的な要素を考慮してお金の計算がされるのは間違いありません。
安いからといって住宅が悪いものではなく、ライフスタイル合った住宅を建てることが理想です。

著者:羽田良行

筆者プロフィール

岐阜県各務原市生まれ。
こだわりのある注文住宅のために、設計事務所についての記事を執筆しています。
関市の注文住宅情報はこちら